カマグラゼリー通販は個人輸入の2つのルールを守るべし!

カマグラゼリーの個人輸入

カマグラゼリーを通販するということは、医薬品を海外から個人輸入するということ。

個人輸入は国から認められている方法ですが、守らないといけないルールがあります。

正しいED治療をするためにも、個人輸入のルールを知って、安全にカマグラゼリーを通販するようにしましょう。

\たった3分ですぐ買える!/

カマグラゼリー
カマグラゼリー

カマグラゼリーはバイアグラのジェネリックで安く効果的にED治療ができます

カマグラゼリーの個人輸入で守ること!

カマグラゼリー通販の個人輸入で守ること

個人輸入は厚生省が定めたルールを守ることが重要で、もし破ってしまった場合は法律を破ることにもなり、処罰を受ける可能性もあります

個人輸入の守るべきルールはたった2つ。

【1】自分のために使うこと
【2】1度に買うのは1カ月分まで

それぞれ詳しく解説していきます。

【1】自分のために使うこと

個人輸入は自分で使うために自分で買うことがルール。
カマグラゼリーの場合は自分自身のEDを治療するために買うことがそれにあたります。

【2】1度に買うのは1カ月分まで

海外医薬品を1度に買える量は品目によって変わりますが、処方せん薬のカマグラゼリーは多くても1カ月分まで。

しかしカマグラゼリーの有効成分量は1包に100mgと多めなので、半分ずつ飲むとし
ても2カ月くらいはもつ計算になります。

個人輸入は海外からの発送で、注文から到着まで2週間くらいかかるので、なくなる頃を見計らって注文すれば問題ありません。

>>医薬品の個人輸入ガイドライン/厚生省

個人輸入のルールを守ってないアウトな例

カマグラゼリー通販の個人輸入でやってはいけないこと

個人輸入は自分のために買って使うということがルールだと分かったところで、じゃあルールから外れる行動は何なのか?

具体例をピックアップしたので見ていきましょう。

【1】他人へ売る

有償無償に関わらず他人へゆずるのはNGです。

最近ではメルカリやヤフオクなどのフリマサイトが有名ですが、もう使わなくなったからといって出品されている例が少なくありません。

本人は捨てるよりは少しでもお金にしようと思って軽い気持ちで出品しているのだと思いますが、立派な法律違反になるので注意しましょう。

また、出品者のみならず購入者も同じように罰せられるのでくれぐれも買わないように。

【2】他人と一緒に買う

1つのアカウントで注文者と利用者が複数になるのはNGです。

それぞれ別のアカウントをつくり、個人の利用を目的として買うようにしましょう。

【3】他人の代わりに買う

彼氏のためにと思って彼女が買うというようなシチュエーションがあるかと思いますが、こういった代理輸入もNGです。

個人輸入代行サイトってアウトじゃね?

あれ?他人の代わりに買うのがNGってことは個人輸入代行サイトはアウトじゃない?と思ったそこのあなた!実は大丈夫なんです。

その理由は個人輸入代行サイトのしくみにあるので、次の表で解説を。

注文者
個人輸入代行サイト内で商品を選んで決済

個人輸入代行サイト
注文と決済を確認し、そのままの情報で海外製薬メーカーへ注文と決済

海外製薬メーカー
注文と決済を確認し、注文者の住所へ発送

表を見ると分かるように、個人輸入代行サイトは代理で注文しているわけではなく、代行をしているだけなので問題ありません。

意外と知られていない個人輸入のメリットとは?

カマグラゼリー通販の知られていないメリットデメリット

個人輸入のメリットは3つ。

【1】海外医薬品を買える
【2】コストをかなり抑えられる
【3】通院がいらない

それぞれ詳しく解説していきます。

【1】海外医薬品を買える

日本は薬機法(旧:薬事法)によって、国内に流通する薬には制限があります。

薬機法(旧:薬事法)とは?
日本国内に流通する薬は安全なものだけにしようという法律。海外医薬品を自由に買えないのはこの理由。

しかし個人輸入だと危険薬物などの例外は除いて、ほとんどの医薬品が輸入可能。

本来は処方せんが必要な医薬品でも通院せずに手に入るので、事情があって通院できない人にとっても便利です。

【2】コストをかなり抑えられる

ジェネリックは先発薬に比べて半額近く、もしくはそれ以下の価格で買えるのでかなりお得です。

日本の病院だとほとんどが先発薬のみの処方なので、診察代なども合わせて考えるとかなりのコストカットが可能。

ED治療は続けて行なうことが大切なので、ローコストで続けられるのは魅力的です。

【3】通院がいらない

個人輸入(=通販)だと通院の必要なく、商品の受け取りから治療まで自宅で済ませることができます。

通院する必要がなければ、病院での問診や待ち時間などでストレスを感じることもありません。

知っておきたい個人輸入のデメリットとは?

個人輸入のデメリットは3つ。

【1】商品の到着が遅い
【2】偽物を買わされる危険性
【3】トラブルにあう可能性

それぞれ詳しく解説していきます。

【1】商品の到着が遅い

商品は海外から発送されるため、税関を通ったあとに海を渡って注文者のもとに届きます。

到着までの期間は早ければ1週間前後、遅いと2週間ほどかかることも。

初めての通販だと到着までにストレスを感じることもありますが、2回目以降は気にならなくなります。

【2】偽物を買わされる危険性

インターネットで流通しているED治療薬の4割は偽物だったという製薬メーカーの調査結果がある通り、個人輸入にはリスクがあります。

きちんと本物を入手するためには信頼できる個人輸入代行サイトから。そして悪質なサイトを見破り、ダマされないことも重要です。

>>信頼できる通販サイトの特徴

【3】救済制度が利用できない

日本国内で流通している薬であれば、重い副作用が起こったとしても国や製薬メーカーが入院費用などの医療費を保障してくれます。

しかし海外医薬品の場合はもちろん対象外になるので、どんな健康被害があっても自己責任。

まとめ

個人輸入は海外医薬品を買える大きなメリットがありますが、何が起きても自己責任というデメリットもあります。

さまざまなトラブルをさけるためには信頼できる通販サイトからの購入が重要。今後のリピートも考え、サイト選びはしっかり行ないましょう。

投稿日:

Copyright© 【カマグラゼリー通販】ED治療のトレンドは飲みやすいゼリータイプ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.